回診などの場面でバイタルと言う言葉が良く使われています

病院では、良く病院だけで使用する言葉が存在しています。そしてその一つにバイタルと言う言葉があります。
そのバイタルというのは、よく回診や、看護師同士で申し送りをする時などに使用しているのです。バイタルというのは、バイタルサインの略語なのです。
バイタルサインというのは、熱、呼吸、脈拍になります。そのため、これを抑えておくことは、患者さんの観察をする時に、必ず必要となる言葉なのです。
そのため、病院内ではバイタルはどうだとか、バイタルは異常がないかとか、言う言葉を良く医療者が使っているのを聞きます。

そしてそのバイタルを知ることによって、ある程度、その患者さんがどのような状態であるのか、聞いた人が想像することができるのです。
例えば、バイタルを聞くことによって、呼吸、熱、脈拍が安定していることを知ることができます。そのため、その患者さんは安定していると、想像することができるのです。

ただ、バイタルだけでは図ることができない症状もあるので、その点では、一般的なラインとなると思って聞くようにしています。
そしてその後のその患者さんにあった、症状を知る必要があります。
byouin6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です